集まれ!今年の3枚~ケース割れ忘年会~ レポート

 

今年も早いものであと1週間ほどとなった12月23日の夜。恒例のチキポトさんにて、日本ケース割れ同好会の忘年会が盛大に?開催されました。

トップバッターは団長。本日の団長のテーマは「今年のお休みCD」。なるほど、1枚目のRe:TTLE CREATURES はLITTLE CREATURESを超有名アーティストたちがカバーしたアルバム。LITTLE CREATURESの功績がよくわかります。1曲の目NIGHT PEOPLEはCORNELIUSがカバー。スペーシーなサウンドは確かにお休み前にぴったり!ほぼこの1曲しか聞いていないというのも頷けます。

団長の2枚目:KETTLES / BE MY KETTLE

団長の3枚目:おやすみの音楽 / 鈴木総一朗(監修)

10363134_779470428866502_5243784441701723327_n

2番手は冬音さん。3枚目をご紹介。毎度おなじみのウクレレの師匠、ツジヤマガクさんの手作り感あふれるクリスマスソングを持ってきてくれました。1曲目のクリスマスソングもよかったのですが、カップリングのタイトル「考えすぎ」にみんな自分をかえりみていました。

冬音さんの1枚目:青谷明日香 / 異端児の城

冬音さんの2枚目:佐々木龍大 / Brew Guitar

1934066_779472045533007_571295833468116140_n

3番手は団長の弟さん。初参加です。やはり最大の衝撃は川本真琴でしょう。わたくしは高校生ぐらいのときにリアルタイムで聴いていたクチですが、団長弟はなんと!最近ニコ動で知ったとのこと。いい音楽は時代を超えていろんなアプローチで届くのだなあとしみじみしました。なお、ほかの2枚はゲーム音楽とのことで音楽の入口の違いにも驚きました。

団長弟さんの2枚目:GUILTY GEAR / VOCAL COLLECTION

団長弟さんの3枚目:SEX MACHINEGUNS / HEAVY METAL THUNDER

12391454_779497008863844_8860946572898852248_n

4番手は会長の青砥です。1枚目にご紹介したのが島津田四郎くんの裸のタシローでした。4月に仙台に引っ越してきた私が初めてチキポトへの入店を果たしたのは何を隠そう、島津田四郎くんのライブでした。お客さんは5人ぐらいしかいなかったのですが、非常に素晴らしいライブでした。CDはそのときのサイン入りです。友人もほとんどおらず、四国が懐かしくなっていた頃に四国でよく観に行っていた田四郎くんのライブはありがたかったです。

会長の2枚目:The Esso Trinidad Steel Band / エッソ・トリニダード・スティール・バンド!

会長の3枚目:hanp / 半魚人

10305046_779479205532291_1747367956999568632_n

トリを飾るのは横山さん。仕事の都合で全員のCDを聞き終わった後に参上した横山さん。まずかけてくれたのが高野寛のトリビュートアルバム、高野寛ソングブック。このアルバムもすごく豪華なアーティストが参加しているのですが、横山さんは3曲目の高橋幸宏さんの「やがてふる」のみしか聴かないそうです。横山さんの高橋幸宏愛がつたわってきました。その他にもケースにプリントされたオシャレなCDなどを持ってきてくれました。

横山さんの2枚目:NOW AND THEN / UNITED FUTURE ORGANIZATION

横山さんの3枚目:Fantastic Plastic Machine / Sound Concierge #502 “Tell Me” for your delightful moment

1919492_779500748863470_6111251991271428959_n

ということで試聴後には恒例のCD貸し借り大会を行い、大盛況のうちに幕を閉じたケース割れ忘年会でした。今回すごく強く感じたのはケース割れ同好会は共感ではなく差異の受容を大事にする会だなあということです。本当にみなさん聴いている音楽が千差万別でほとんどかぶっていません。年代も職業も音楽を聴くきっかけもバラバラ。だから、このCDいいよね~と共感するよりも、そんなCDあったんだ?の驚きの方が断然多いです。だから、終わった後にCDを借りて帰るというのは差異を受け入れることに他なりません。そして、そうこうしているうちに自分の枠組みが拡がってるんですよね。

ということで、今年もよろしくお願いします。

コメントを残す