SMMF2020に参加してきました

1月25日(土)に開催されたSendai Micro Maker Faire 2020に参加してきました。会場は仙台市若林区卸町にあるサンフェスタです。東北初開催ということで会場は決して広くないですが熱気のあるイベントとなりました。

Maker Faire / Micro Maker Faireとは

Maker Faire(メイカーフェア)は、誰でも使えるようになった新しいテクノロジー(カードサイズのコンピューター、3Dプリンター、ロボット、AI、VRなど)をユニークな発想で使いこなし、皆があっと驚くようなものや、これまでになかった便利なものを作り出すメイカーが集い、展示とデモンストレーションを行うイベントです。全世界200カ所以上で開催され、日本では東京、京都、大垣などで開催されています。Micro Maker Faire(マイクロメイカーフェア)は、これまでMaker Faireが開催されてこなかった場所のメイカーが作品を展示し、メイカーやメイカーになりたい人たちと交流を行う小規模イベントです。

当日は、東北各地から30組のMakerたちが集結しました。イベントの詳しいレポートは、公式サイトにあがっていますのでそちらをご覧ください。

デジタル系が多い中、完全アナログで参加したつれづれ団は、昨年小学生たちとつくった「ワケナイキャラクター図鑑」を紹介しました。市外からの参加者も多かったのでごみ分別推進キャラクターワケルくんの説明をしつつ、いかに悪者の存在が重要かを熱弁しました。足を止めた人に熱意とユーモアが伝わったのか終始、和やかな雰囲気で出展することができました。ブース内ではその場で「ワケナイキャラクター」づくりも体験できるようになっており、中にはせっせとキャラクターづくりに勤しむ方もいました。持参した図鑑も10冊ほど売れて、うれしかったですね。それと、図鑑以上につれづれ団の存在が気になる方も多かったです。つれづれ団カードも押し配りさせてもらいました。貰った方はもれなく宣伝をお願いします。


イベント全体としても参加者との会話を楽しみつつ、他のブースを覗いて名刺交換などを行い、とても有意義な時間となりました。Sendai Micro Maker Faire は来年以降の開催は未定ですが、もしあればまた新作を持ち込んで出展したいと思います。主催のみなさん、関係者のみなさん、お世話になりました。またいつかお会いしましょう。

コメントを残す